KOJIMA FLOWER DESIGN STUDIO

kfds.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

ハロウィン

a0086053_23254828.jpg
去年のレッスンではハロウィンらしいデザインは提案しなかったのですが
今年はちょっぴり「らしさ」を取り入れてみました。
とは言ってもプリザーブドフラワーなので10/31以降は飾れないのでは勿体無いかな〜と。
小さなカボチャのピックは11月になったら抜いてしまってもOK。
と言う事で抜いた所がぽっかり穴があいたみたいにならない様に配置していただきました♪
でもこのカボチャ君とっても控えめなサイズなのでそのままでも存在に気が付かないかも??
[PR]

by kfds | 2008-10-31 23:40 | レッスン | Comments(4)
2008年 10月 27日

バラ尽くし

a0086053_14142837.jpg
今月のSクラスレッスンはバラ!バラ!バラ!
a0086053_14144375.jpg
SUGAHARAの「本当にこれがガラス?」と言いたくなる、シルクの様な
スベスベ&マットな質感のボウルにバラの山を築きました。
a0086053_14161785.jpg
今回は器の滑らかなカーブに合わせて葉っぱ類を使わずにお花の面(めん)だけで
キッチリとドームを作るデザインにしました。
顔の大きさが全然違うバラで凹凸感のないつるんとしたラウンド型に仕上げるのは
見た目より意外と難しかったですね。お疲れ様でした☆

そして、昨日はCooMieさんのフォトサロンにフォト仲間のs.kちゃんと一緒にちょっとお邪魔して来ました。
前日のレッスンで残ったお花を少々束ねてお持ちしたのですが、
この色合わせ、写真を撮る人ならほとんど皆さん「嫌な」色、ですよね?
すみません、オレンジや黄色等の撮りやすい色合いのお花がなくて。。。(汗)
a0086053_1559196.jpg
私自身も前日のレッスンの写真はほとんど思った色に撮れなくて苦労したのでした。
a0086053_15591411.jpg

[PR]

by kfds | 2008-10-27 21:03 | レッスン | Comments(14)
2008年 10月 23日

強羅

今年のお正月に物作りで一年をスタートさせたガラス工房へまた行って来ました!
今回は仲良しの友人夫妻と一緒に。
この4人には珍しく朝の10時台に強羅に到着!!という快挙を成し遂げました☆
それでも受付には既に結構な人が集まっていました。頑張って早起きして良かった。
これで楽しみにしていたランチの予約には十分間に合います♪
a0086053_10294312.jpg
a0086053_10295451.jpg
それぞれ好きな形と色を選んでガラス作りをおおいに楽しみました。
予想通り友人夫妻はガラス作りの楽しさにはまっちゃってました。
私は前回ボウルを作ったので今回はグラスに決定。
作品はさましてから後日宅急便で送ってくれます。実は既に手元に届いているんですね〜。
手作り感溢れた不格好さんですが、嬉しい♡
明日明るい時間帯に写真を撮ってみようかと思います。

そしてお腹が空いた一行が向かった先は強羅花壇に隣接する懐石料理・花壇
a0086053_1030594.jpg

お酒の飲めない私以外は皆お昼からワインや吟醸酒で最高に気持ちの良さそうなご様子♡
やっぱり飲める人にとってはお昼間にお酒を飲むっていうのが「休日感」とか「幸せ感」とかに直結するんでしょうね。
すっごい嬉しそうな顔してました(笑)。
a0086053_10302114.jpg
懐石料理を頂いた後、旅館のラウンジでコーヒーを頂きながら余韻に浸っておりました。
アクセスの良い箱根は日帰りが多い私達。
今度はゆっくり温泉に浸かってお部屋でお料理を頂きたいね〜と。
a0086053_10303575.jpg
あと一カ所寄り道して最後の最後までリラックスタイムを過ごしました。
ストレスとは無縁の楽しいショートトリップでした☆
[PR]

by kfds | 2008-10-23 00:03 | おでかけ | Comments(10)
2008年 10月 18日

原点

a0086053_1012541.jpg
約10年前にこのお皿に出会って一気に食器の持つ魅力に取り憑かれてしまいました。
スウェーデンのコスタボダ・ライムライトシリーズ。

初めて主人の実家に遊びに行った時はイチゴがおいしい季節でした。
義理の母がこのソーサー&ボウルのセットにフォークを添えて
真っ赤なイチゴをヘタを奇麗にcutして出してくれたのです。
キラキラと光るガラスに真っ赤な実と真っ白な切り口がかわいいイチゴがコロコロと。
イチゴってこんなに奇麗だったっけ?!と釘付けになるほど素敵な物に見えました。
食器にはこんなに食べ物を美しく見せる力があるんだ。。。

食器好きの原点となった思い出のお皿です。
[PR]

by kfds | 2008-10-18 10:36 | お気に入り | Comments(10)
2008年 10月 15日

映画

a0086053_12285140.jpg
来月のプリザーブドフラワークラスのお花のパーツ、とても美味しそうで困ります。
ブラウンシュガーの固まりの様なピックも入れてコーヒーワールド全開です!!
(写真は製作前の資材ですのでこれで完成ではありません。これだと30秒で終わっちゃうので)

さてこの所週末になるとよく映画を観ています。
毎度映画のチョイスは様々。大きなスクリーンで上映される物もあれば小さな劇場の物もあります。こういう映画が好き!って言うのがないのでとりあえず気になったら足を運びます。
今月観たのはTOKYO!、トウキョウソナタ、おくりびと。
鳥の巣・北京のヘルツォーク&ド・ムーロンも観たかったけど終わってしまいました(涙)。
おくりびとは母が先に観ていて、会う度に「おくりびと観た?いいわよ〜」と言うので
月曜日に主人と観に行って来ました。
泣ける映画が良い映画、とは全然思っていないけど、
今回は本当によく泣きよく笑い、いくつもの重いテーマを軽やかに伝えてくれるとても「良い」映画だと思いました。
品川プリンスシネマで観たのですが、観客は私達世代は2割位で親世代以上の方がほとんど。
薄暗い階段の通路をゆっくりと歩き、椅子の背の小さな番号を何度も確認し、席に着くのも大変なご様子の方が沢山いらっしゃいましたが
上映中は皆さん楽しそうに元気な笑い声をあげたり涙を拭ったりしていました。
映画には葬儀のシーンが沢山出て来ました。
この歳になると葬儀に参列する回数はじわじわと増えて来る訳ですが
観客のご老人達はもっと沢山の大切な人を送って来ているはず。
多分立ち直るのに苦労する様な辛い別れもあっただろうけど
こうして大きな声で笑ってこの映画を観ている事がすごく「強い」事に感じられました。
帰り際ヨタヨタ、よろよろ、と劇場を後にする白髪の方々の後姿を見ながら
何だかその背中がとてもたくましく感じられました。
ネタバレになるので書けませんが、これから先私がぶち当たるであろう大切な人々との別れの際に、
きっとこの言葉に救われるだろうと思う台詞にも出会いました。
その言葉を教えてもらっただけでもこの映画を観た価値はあったと思います。
これからもこのペースで沢山の映画を観ると思いますが、これは忘れられない映画になりそうです。
[PR]

by kfds | 2008-10-15 23:39 | ひとり言 | Comments(6)
2008年 10月 12日

収納

a0086053_12325267.jpg
オーダーのお花です。元気な色のバラ達とリューカデンドロやピンクッション等の個性的なワイルドフラワーを使いました。

ここ数日間次々とオーダーしていた資材が届いているのですが、もう全然収納出来るスペースがない!!
先月までのレッスン用にオーダーした物で使用しなかったストック類が棚をぎっちりと埋め尽くしていてもうどんなに工夫しても段ボールが消えてくれない。。。
どれも好きなテイストの物だからまた使うかも、なんて思っていましたがのんきにそんな事言ってられない状況です。
入居の時から収納の少なさが引っかかってたのですが、やっぱりここに来て表面化してしまった訳です。。。
棚を作るべきか、物を減らすべきか。きっと棚を作ってもまたいつか溢れる様な気もしますがね。。。
[PR]

by kfds | 2008-10-12 23:19 | flower | Comments(9)
2008年 10月 07日

本場のボロネーゼに挑戦

数日前にTVでとっても魅力的な特集がありました。
タレントのベッキーがイタリアの5都市を旅しながらご当地パスタを食べる
というコーナーでしたが、ご覧になった方いらっしゃいますか?
も〜どれを見ても興奮する程美味しそうでしたが、
ボローニャで食べていたTagliatelle alla Bolognese(ボロネーゼ)がたまらなく美味しそう!
私はボローニャには行った事なく、全然知らなかったのですが
番組ではミシュランにも載っていると言う有名なリストランテの「カミネット・ドーロ」
で本場のボロネーゼを体験していました。
隣で主人もこれ食べたーい!!とテンションも上がっていましたので早速トライ!
(その日のお夕飯は栗ごはんや野菜の煮物等の和食を用意していたので大人しく食べましたが)
a0086053_12392558.jpg
a0086053_12393724.jpg

これはね、はっきり言って今まで出会ったボロネーゼとはひと味違う!!
3時間かけて作ると言うので真面目に頑張りましたが、それだけの価値はありますね〜。
お店の方は合わせるパスタはスパゲッティーなんて絶対ダメ!タリアテッレよ!!と
おっしゃっていましたが、その訳も納得。
お肉やソースとの絡みはこの太めのパスタが一番なんですね。
残念ながら我が家にはパスタマシーンがないのでスーパーで生パスタを買って来ましたが
それでも充分美味しい!
牛乳を使っているのでマイルドな口当たりが特徴ですがこれは癖になります。
大量にソフリットを作っておいたのでまた作ってみようっと!
あ、パルマ地方の生ハムを炒めるシンプルなパスタもおいしそうだったな♡
夏から発症しているパスタ熱はしばらく冷めそうにありません。。。


追記
今回のパスタはTVで観たレシピを記憶の中からたぐり寄せながら作ったのですが
さっき調べたら番組のHPにレシピが載っていました☆
本当のお料理名は「ラグー」が入る様です。
私は子牛肉は使っていませんがその他はほぼ同じ様に作れたかな。。。
ちょっと煮詰め過ぎな感じもしますが本当に美味しかったのです。
レシピはこちらからどうぞ!
[PR]

by kfds | 2008-10-07 13:04 | おいしいもの | Comments(20)
2008年 10月 06日

美しいお花とビックリ花言葉

a0086053_23463321.jpg
ベラドンナリリー。
とっても甘い香りと色っぽい姿、そして細かいラメを散らした様に光沢があって滑らかな花弁が魅力のアマリリス属のお花です。
よくお花屋さんで見かける背の高い華やかな「アマリリス」は
ヒガンバナ科のヒッペアストラム属で、本来のアマリリスと言うのはこのベラドンナリリーの事なのです。
まあ難しい事は置いておいて本当に見ているだけでうっとりしてしまうこのお花。
ベラ=美しい ドンナ=女性 
からついた納得のネーミングですね。
何本かシンプルに束ねてギフトにしたらカッコいいだろうな♪
花言葉は「ありのままの私を見て」♡ですって。

あ、このお花は毒がある事で有名なベラドンナとは別物です。
毒を持つ方のベラドンナの花言葉は色々ありますが。。。
「男への死の贈り物」(怖過ぎです。。。)
なんててスゴいのもありますから、男性への贈り物際にはお間違いのない様に(苦笑)。
[PR]

by kfds | 2008-10-06 00:16 | flower | Comments(5)
2008年 10月 05日

プチブーケ

A-CLASSの花束レッスン。
組む前にストレッチはしたもののやっぱり「手が痛いよ〜」という声が。。。
最初はどうしても力が入っちゃうのですよね。
でも出来上がった花束とお茶の時間の甘い物で皆さんの疲れも吹っ飛んだのでは?
a0086053_051115.jpg
今月末にもA-CLASSが控えております。その頃はどんなお花が市場に出回るかしら。
同じお花とはいかないと思いますが、状態の良い奇麗なバラを揃えたいと思います。
お楽しみに〜♪

今日はレッスンの後に浅草で歌舞伎を観て来ました。
よく行く歌舞伎座やシアターコクーンとは違う「小屋」っぽさが雰囲気あって良かったのですが、腰とお尻が痛〜い。
もしこの先鑑賞予定の方がいらしたら薄くてもお座布団か何かお尻の下にもう一枚敷ける物をお持ちになる事をお勧めします。
痛たたた。。。(汗)

KFDSのHP
[PR]

by kfds | 2008-10-05 00:19 | レッスン | Comments(8)