KOJIMA FLOWER DESIGN STUDIO

kfds.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 29日

歌舞伎!

a0086053_23412392.jpg
クチナシの魅力はしっとりとした厚めの花びらと何と言っても甘い香り!
でも私はこのお花の蕾みがたまらなく好きなんですよね。
特にそろそろ咲き始めるよ!っていうタイミングのグリーンとホワイトのしましまドリルみたいな時が一番のお気に入り。鼻を近づけるとかすかに香りが確認出来るくらいの奥ゆかしい態度も好きです♡

さて、話は変わりますが今夜は楽しみにしていたコクーン歌舞伎を見に行って来ました。
千秋楽だったこともあり最高潮の盛り上がり!
役者、観客ともライブ会場の様な熱気で、お着物の女性達も太鼓のリズムに合わせてジャンプしながら手拍子をしてアンコールを求めていました。
毎度歌舞伎を見ると(特にコクーン歌舞伎)、役者さんはタフじゃないとやって行けないなぁと思うのですが、NY講演でも大盛り上がりだった今回の演目もとにかく激しい!中村勘三郎さんはあんな大きな息子達がいるのに全然体力も負けていなくて本当に凄いです。何度目かのアンコールの時に私の席の近くに走っていらしたのですが、玉の様な汗が全身から吹き出していてその激しさを物語っていました。一回の公演で2kg位痩せそうだわね。

さて、歌舞伎の後は日本食の素敵なお夕飯を、と行きたい所なんですが
渋谷で美味しい和食屋さんを知らないものですから、シアターからすぐのVIRONでディナー。
オマール海老をどっか〜んと半身使ったサラダ、その場でカットしてくれる生ハムのサラダ、トロトロの牛ほほ肉の煮込み☆この3品で2人で分け合って倒れる程の満腹状態!エスプレッソさえ入る余地がなく終了でした。
全部美味しくて是非ともデザートまで行きたかったのに残念。
歌舞伎鑑賞中につまんだ人形焼きが悔やまれます。。。
でも歌舞伎とお茶と人形焼きは切っても切り離せないのですよね〜。
食いしん坊な私の定番なもので。
[PR]

by kfds | 2008-06-29 23:40 | おでかけ | Comments(8)
2008年 06月 23日

ドイツのマルクトより

a0086053_1038393.jpg
今月のB-CLASSのアレンジメント。
イメージはスタイリッシュなホテルのフロントやエレベーターホールのニッチ等にさりげなく飾られているアレンジメントの制作。
赤と緑って温かいクリスマスカラーだけど、青みを帯びたダークな赤で揃えればそこに潜んでいる爽やかさを引き出せる様な気がします。
少し冷たい石の様な器と鮮やかな緑が小さなお庭を手に入れたみたいでちょっと嬉しい☆。お花が終わってしまっても是非この器に色々なお花を生けてミニガーデンを楽しんで下さいね♪
a0086053_12475645.jpg
さて、こちらのノートは生徒さんが今までのレッスンの記録をまとめたもの。
とっても奇麗だったので記念撮影させて頂きました。
2年以上前の懐かしい写真と丁寧なコメントや図解に皆釘付けです。
こういうマメさがね。。。私にはない。。
このブログが一年半続いているのが自分でも信じられないです。
(今まで日記なんて1ヶ月もてば良く続いたもんだ♪って感じなので)

a0086053_10524861.jpg

こちらはドイツにお住まいのmioさんがとっっっても重いのに
一時帰国の際にお土産で下さったホワイトアスパラガス!この前のアスパラの2倍はあるであろう太さの大物です。みんなで仲良く分け合いました。
ドイツのマーケットからやって来たこんな新鮮なお野菜が我が家のテーブルに乗っている事に感動。お薦めの塩&砂糖&バターで茹でる方法でいただきました☆
ありがとうございました!&ごちそうさまでした!


KFDSのHP
7月のレッスンの日程がいくつか変更になったり、新たなクラスが加わったりしています。最新の情報はレッスンカレンダーをご覧下さいませ。(既にお申し込みを頂いているクラスの変更はございません)
[PR]

by kfds | 2008-06-23 12:51 | レッスン | Comments(17)
2008年 06月 18日

ブルー☆

a0086053_18384174.jpg
今月のプリザーブドフラワークラスはBLUEがテーマカラーです。
このシーズンは町の美しいアジサイに影響されるのか、どうもBLUEに心が動かされます。
a0086053_1957104.jpg
元々持っていたブラウンのガラスに加えてブルーのを追加で入手。
今イチ使用目的がはっきりしない深さのガラスの器なんですけど
この色がストラ〜イク!何に使おうかな。。。

さて、昨日は2ヶ月ぶりのイタリア料理教室
先月はGW、母の日レッスン、通常レッスン、旅行、、、と
ぎっちり予定を詰めてしまっていてお休みしてしまい、久々のレッスンを楽しみにしていました。
で、今回はパスタはマシーンを使わない手打ちのトロフィエ。
昨日はゴルゴンゾーラとクレソンのソースでしたが、ジェノベーゼも良く合うそうです。
a0086053_2024081.jpg
食感がツルッとしてモッチモチ〜♡これはマシーンのない我が家でも作れます♪
セモリナ粉は既に準備完了!
でも、これがなかなか時間がかかる訳で一人だと気が遠くなってしまうのよね。
お教室では5人で楽しくおしゃべりしながらの作業でしたが、一人だと途中で投げ出してしまいそうです。
求む!おしゃべり相手☆
あ、お手もお借りしたいと言う下心はしっかり持っていますョ!

KFDSのHP
[PR]

by kfds | 2008-06-18 22:26 | レッスン | Comments(8)
2008年 06月 15日

デザートマニアなレッスン

今月のS-CLASSはギフトボックスアレンジメントの制作です。
ボックスのふたのデザインに合わせてパープルと梅雨のシーズンらしいブルー系のお花を調達しました。
a0086053_23204564.jpg
鮮やかな紫のカーネーションが大人気!
あ、紫って言ったら怒られちゃいますね、サントリーさんに。
世界初のブルーのカーネーションでございます☆
a0086053_23211560.jpg
生徒さんの今日のお洋服がブルーのアジサイにぴったり!
ついついモデルさんをお願いしちゃいました。
a0086053_2321284.jpg
ボックスのふたにブルーのスウェードを貼付けてちょっとおめかしです。それぞれデザインを考えてシート状のスウェードを好きな幅に切りました。
a0086053_23243371.jpg
段々手が入らなくなりますのでピンセットが活躍♪
激しく曲がった茎の花をフラットに生けて行きます。(上手〜!)
a0086053_23244388.jpg
この色が本物のお花に一番近いかな。紫ってなかなかウマく写真撮れないので往生際悪く何枚も撮っちゃいました。
a0086053_10193473.jpg
a0086053_23214529.jpg
そしてそして!
今回のレッスンのスイーツはとっても気になっていたOCCITANIAL(オクシタニアル)。エグゼクティブシェフはMOF(Meilleur Ouvrier de France)、フランス国家最高職人としての称号を取得されているとか。あまり詳しい事は存じ上げませんが、肝心なケーキは、、、

美味しい〜!!

ビジュアル的には上品で派手さはないものの、想像を超えた複雑な
味、食感共に素材の組み合わせのバランスが絶妙です
これは芸術作品!と目と舌でしっかりと鑑賞しました。
またソフトなキャラメルも絶品!
オープンと同時にお店に伺ったら出来立てホヤホヤのふわふわギモーヴをお味見に一つ下さいました。その舌触りとしっかりとしたフルーツのお味に満面の笑みの私。焼き菓子もかなり魅力的なラインナップです。端から端まで全部食べてみたい!
お茶の時間はひたすらスイーツ情報が飛び交い、行ってみたいお店も登場。

来月のスイーツは一体どこのお店のものになるでしょう。。。
実は私自身がその開拓に一番ノリノリだったりして☆

KFDSのHP
[PR]

by kfds | 2008-06-15 12:32 | レッスン | Comments(16)
2008年 06月 13日

実家

a0086053_22551944.jpg
先日実家のお引っ越しがありました。
ラスベガス旅行の直前に最後のお別れと記念に、と一眼レフを持って実家に行きました。
実家までは大した距離ではないのですが、去年愛犬ナナがお星様になった後はめっきり足が遠のいて、久々に寄った感じがします。
あまりまじまじと家を眺めた事は無かったのですが
改めて見てみるととても庭や生け垣の美しい家だったんだな、と。。。
父は次に住む方の為に庭の木々の手入れ方法をノートに書き留めていました。
「青年」時代から盆栽が趣味という渋〜い父ですので
家との別れよりも松やもみじや竹との別れの方が寂しかったのではないかな。
私は、生け垣の隙間から満面の笑みでこちらを見ているナナの顔や
二階にいる私を見上げて階段下でじっと我慢しているいじらしい姿を何度も思い出しながらシャッターを切りました。
ナナが家族になってすぐに移り住み、亡くなったら去る、という
まさに「ナナ御殿」とのお別れでした。
[PR]

by kfds | 2008-06-13 23:39 | ひとり言 | Comments(6)
2008年 06月 07日

ZEN

a0086053_183671.jpg
今月のA-CLASSレッスンはZEN STYLEのテーブルフラワーアレンジメントの制作です。

こけ玉をイメージしてグリーンのお花とほんのちょっとの葉っぱだけで形を作って行きます。シルバーのトレイにお花が写り込む様子もとても奇麗♪
a0086053_18174237.jpg
こちらは生徒様の作品。とても上手にできました☆
お花が終わってしまった後のこのシンプルなトレーの使い道は様々です☆
石やオブジェ等の小物を置いたり、器を重ねてソーサーにしたり。

このアレンジメントをテーブルに飾ると無性に和菓子が食べたくなるんですよね。(また食べ物かい。。。)
丁寧に緑茶を入れて爽やかなお菓子を頂けば、鬱陶しい梅雨も何だか風情のある季節に感じられる様な気がします♪

KFDSのHP
[PR]

by kfds | 2008-06-07 21:32 | Comments(8)
2008年 06月 02日

ラスベガス旅行 大自然編

a0086053_23323271.jpg
ラスベガスから圧巻の大自然を求めて遠出しました。
この木はジョシュア・ツリー。
過酷を極める環境の砂漠地帯で、力強く根を張りゆっくりと成長する強者です。
目的地まではこのツリーの林を通ります。
a0086053_23324491.jpg
私達の乗っているバンを追い越すハマー。
舗装されていない乾いた道に思いっきりホコリを巻き上げます(ゴホゴホ)。
a0086053_2333841.jpg
そして到着!この景色よ〜!!これを求めて遠い小さな国からやって来たのよ〜☆
a0086053_23332147.jpg
おばちゃんの気持ち分かるわ〜。(↑腰引けてる)
だってだってわたくし、強烈な高所恐怖症なんですもの。
(よくここまで来られたものです。)
左にちょっとだけ見えているのが昨年誕生したスカイウォーク
なんと下の崖まで1200mのガラス張りの床の上を歩くという恐怖の橋です。
ここに来たのにこれを渡らないのはチキン確定なので
というかメンバーにことある毎に笑い者にされそうなので
一生分の勇気を振り絞って渡りましたよ!!!
(もちろん一回も下は見ていません)
去年バルセロナのサグラダファミリアの最上階で恐怖のあまり座り込み
主人の付き添いのもと、エレベーターで降ろされるという最悪の事態を引き起こしたので今回だけは周りに迷惑をかけたくなかったのですよ。。。
渡り切った時は自分をめちゃくちゃほめてあげましたよ♡
a0086053_2333483.jpg
さすがにここだけは無理!メンバーは皆この隙間に座って楽しそうに写真を撮っていました。
私はシャッターを押すだけでも相当腰が引けてた。。。。。
a0086053_23341561.jpg
さてさて崖の反対側はこんな風景。何だか安心です♪
ここではいくつかの原住民の家を公開しています。(ここに移築したんだと思います)
この青い空と赤い土がきれい〜☆
a0086053_23342796.jpg
踊りを披露してくれた少年の後ろ姿。民族衣装がとってもお洒落で素敵でした。
a0086053_23344285.jpg
恐怖体験の後はこの休憩所でインディアンバフェのランチタイムです。
a0086053_23345674.jpg
この絶景を楽しみながらランチをいただけるなんて最高に気持ちよかったです。
(崖っぷちじゃないので全然怖くない♪)
a0086053_2338781.jpg
360度見渡せる小高い山を登り、帰りのバスではその疲れと緊張感の解放から爆睡。
途中休憩に寄ったチョコレートファクトリー(ただの掘建て小屋みたいですけど)でチョコレートより人気のソフトクリームをいただいて、またラスベガスまで爆睡でした。あ〜怖かったけど満足の旅でございました。

だらだらと長い写真日記にお付き合い頂きありがとうございました。
最後に一つ。。。
三年前にメキシコに行った時にもアメリカ上空で飛行機からこんな物を見ました。
a0086053_151959.jpg

巨大な円。ポツンと一つだけあったり、半円の物や真ん丸な物がいっぱいあったり。
この三年間、色々な方にこれが何なのかを聞いて参りましたがまだ答えが出ていません。
もしご存知の方がいらしたらこのモヤモヤをスッキリさせるのにご協力頂けたら幸いです。一体なんなの〜?ミステリーサークルじゃないですよね(笑)。
[PR]

by kfds | 2008-06-02 23:32 | おでかけ | Comments(21)
2008年 06月 01日

ラスベガス旅行 TOWN編

ご無沙汰しております。ちょっと休暇をいただきラスベガスへ行って来ました。

気分一新、今日からスキンも変えて旅の報告をさせて頂きたいと思います。
今回の旅は以前ラスベガスの大学に留学していた友人も一緒だったので
車を借りてフットワーク軽くあちこち出かけまくりました。
よってオーシャンズ11の舞台になったちょっと贅沢なホテルにしたものの、ほとんど部屋にいる事がなく次ぎに行く機会があったらリーズナブルな所に落ち着こうと思います。
a0086053_1219434.jpg
ホテルBellagioのフロントの天井。ガラスの装飾がびっちり!
a0086053_1219164.jpg
このホテルはお花をたっぷりと使った室内のガーデンが特徴です。ふ〜んそうなのね、って感じですがラスベガスは砂漠の中にある町です。
この大量のお花や土もどこか遠くから調達して来ているんですよね〜。
翌朝ガーデナーさん達がお花の植え替えをしていましたが、それはそれは大変な作業。やっぱり裏方の仕事が気になって仕方ない私です(汗)。
a0086053_12193267.jpg
こちらは新しいホテルで、ここのバフェがいいから行っておいで!と出発前に何人かの友人から勧められていました。女性陣は朝からケーキやアイスクリームまで辿り着く食欲!男性陣はその姿にちょっと引き気味でコーヒーを飲んでいましたっけ(笑)。
a0086053_12194411.jpg
こちらはある日の夕食、真っ青な空はもちろん絵です。お台場のビーナスフォートみたいな空のもと、ベネチアのサンマルコ広場をテーマにしたお店でイタリアンディナー!のつもりでしたが、、、イタリアン、と言ってはイタリア人に怒られちゃいそうな仕上がりでしたね(汗)。
a0086053_12195929.jpg
因にこれはカプレーゼ、、、という事だそうです(笑)。
トマトは煮てあるし、バジルはしっかり味の付いたpestoだし、おまけに松の実がトッピングされていて、まか不思議なアレンジ!斬新な創作料理かな?
ロングパスタは危険と思って安全そうなメニューをチョイスしましたが
それをいとも簡単にけ散らす結果でした。フレッシュのカプレーゼの事は一旦忘れてこれにしっかりと向き合って食べてみたらちゃんと美味しいお料理でしたよ。
a0086053_1232811.jpg
車から見たラスベガスの夜。初日が調度アメリカの国民の休日に当たっていたので街は大盛り上がり!
こうやって振り返ってみると、何だか大きなおもちゃ箱をひっくり返した様な街だったな〜。町中がアミューズメントパークって言う感じで、人々もハイテンション!
町並みを一通り楽しんだ後は私が恐いもの見たさでずっと行ってみたかった大自然のど真ん中へ。続きはまた明日☆
これから実家のお引っ越しの手伝いへ行って来ます!
[PR]

by kfds | 2008-06-01 14:09 | おでかけ | Comments(16)