KOJIMA FLOWER DESIGN STUDIO

kfds.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おでかけ( 107 )


2009年 08月 19日

暗闇で見つけるもの

a0086053_178194.jpg
先日のレッスンのお茶タイムの中で生徒様からダイアログ・イン・ザ・ダークについてのお話を聞きました。
私はその名前さえ知らなかったのですが、1989年にドイツで生まれ、世界25か国・約100都市で開催されたエンターテイメントの事。
少人数の参加者(私の時は6名)に視覚障害者のアテンドさんが一人付きます。
そして一筋の光もない真っ暗闇の空間を歩き進みながら、様々なシーンを体験します。
決してボランティア精神を植え付けようとか視覚障害者の疑似体験を推奨する物ではありません。
予約が取りづらい状況でしたがやっと先週末に体験する事が出来ました。

この体験の感想を文章にするのって結構難しいのですがこんな風に感じました。
もし世界中の大統領・首相達がこれを体験したら戦争は起こらないかもしれない。
(まだ余韻に浸ってるのでちょっと大げさかな。。。)

私は光のある世界で生活し、視覚を最大限に働かせる仕事についていますが
もしこの先、見えている事で大切な何かを見逃しそうになったり、
逆に壁を作りそうになったりした時には
じっと目を閉じてこの日に感じた感覚を思い出したいと思います。
[PR]

by kfds | 2009-08-19 16:52 | おでかけ | Comments(8)
2009年 08月 14日

Matsumoto!

s.kちゃんの素晴らしい企画力のお陰で松本日帰り旅を思いっきり満喫してきました。
強烈な晴れ女2名(Yちゃん&私)+曇り女(kozuちゃん)1名が揃って雨の東京を出発、松本は予想通りの晴天でした(笑)。
東京より標高が高く、空気の奇麗な松本は日差しが強いよ〜
と予め聞いていた通り日向に出た瞬間からウワ~本当にジリジリ来るわ。(晴れ女なのに日光に弱い私です)
a0086053_10172628.jpg
畑に山に、大きな空♪それだけでテンションが上がります↑↑↑。
a0086053_10175495.jpg
ランチの後はファーマーズガーデンにてデザート&お買い物タイム。
a0086053_10185584.jpg
a0086053_10182632.jpg
そしてkozuちゃんご希望のクラフト体験♪
今回は朝日村のSTYLE GALLEさんでカッティングボード作りに挑戦しました。
来週皆で我が家に集合する日に作品が到着する予定です☆さて、どんな仕上がりかしら〜?
a0086053_10201326.jpg
a0086053_10203279.jpg

[PR]

by kfds | 2009-08-14 11:10 | おでかけ | Comments(6)
2009年 08月 03日

久々の

a0086053_1427754.jpg
週末は珍しく夜のおで出かけをしました。
a0086053_23325290.jpg
出かけた先は六本木のミッドタウンのA971。
以前お昼間にお茶をした時とは随分雰囲気が違ってました。このお店は夜の方が断然似合うわ。
a0086053_23323842.jpg
この日はよく知っているメンバーのライブがあったのです。
a0086053_22164091.jpg
a0086053_14154231.jpg
a0086053_2333399.jpg
21時位からDJが始まってライブのスタートは23時を回った頃。
そんな遅くじゃ誰も来ないんじゃない?と心配する私の予想は軽く裏切られ、
ライブスタートの時間にはどこからこんなに人が湧き出て来たの〜?というくらいの人人人!
さすが六本木、夜遅い事なんて誰も気にしちゃいない様です。
お客さんはわかいい浴衣ギャルから白髪の渋いおじ様まで幅広く、みんなノリノリで揺れていました。

学生時代に組んだバンドがこうして中年になっても息がピッタリで楽しそうにライブをしているのって何だか羨ましいな。
おじいさんになっても細々と活動してそうね。。。
あまり飛ばし過ぎずゆっくり楽しくね♪
[PR]

by kfds | 2009-08-03 15:16 | おでかけ | Comments(6)
2009年 05月 25日

ヨーロッパ旅行 ☆パリ part2☆

パリに戻ってからは
a0086053_14462693.jpg
カフェに行ったり
a0086053_13493382.jpg
オープンして間もない素敵なインテリアショップに行ったり(注:これはエントランス付近にあったオブジェで大きなゴミではありません)
a0086053_13494563.jpg
そこの食堂で超モードなおばあちゃまと席を近くにヘルシーなランチをしたり
a0086053_19553127.jpg
お花屋さんに行ってブーケを作ってもらったり♪(「ボク達の事知ってる?有名なんだよ。」「うんうん、知ってる。雑誌に出てますよね。」「日本の雑誌にも出てるよ、ほら見て!」なんてやり取りがあったとか、なかったとか。。。ありました(笑))
a0086053_1346462.jpg
パリのお宿は、緑が目の前に広がってる古〜いアパルトマンの様なホテル。(実際に一部アパルトマンとして貸しているらしい)
部屋が何となく傾いていたり、エレベーターの奥行きがビックリする程浅かったりしても
この雰囲気はなかなかのモノでした。
窓フェチな私はとりあえず大きな窓を記念にパチリ。
a0086053_13471099.jpg
フルリストさんに作ってもらったブーケはクラシックなホテルのお部屋にもぴったり♪
オーダ−の際に「あなたがパリらしいと考えるブーケをお願い出来ますか?」と言ったら、ちょっと困惑しながら「ポエティックな感じがパリらしいかな?こんな感じ好き?」とお花を合わせてくれました。
「詩的」って言葉がぴったり☆柔らかだけど説得力があります。
私がお花屋さんで働いていた時に、もしも外国のお客様に「東京っぽいブーケをお願いします」なんて言われたらどうしてたかな?しかもその場で。うわっ!めっちゃ難しい〜〜〜〜〜!
そう考えると随分なオーダ−をしてしまいました。
そんな漠然としたリクエストにもしっかりと応えて下さってメルシーボクーです。

その他、美しくて美味しいショコラティエに行ったり、友人お気に入りのレストランにちょっとお粧ししてディナーに行ったり、オークションハウスへ見学に行ったり、キッチン用品屋さんへ行ったり、再訪を心待ちにしていたBHV(ハンズみたいなお店)に行ったりetc...etc...
まだまだ行きたい所を沢山残して旅は終わってしまいましましたが、
たかが5日ではパリのほんの一部分しか見られないのは当たり前!
こうして今度はあそこに!ここに!と次の旅を想像してワクワクするのも楽しい事であります♪

a0086053_13483385.jpg
きっとまた沢山の刺激をもらいに来ますよ〜。

ズルズルと間延びしながら綴ったヨーロッパ鉄道の旅日記でしたが、自分自身の記録としても残しておきたかったので結構無理矢理ですがこのブログ上にまとめてみました。
最後までお付き合い下さった皆様ありがとうございます。

さ!帰国してからはしっかりお花のレッスンをしていますので
この先は初夏の爽やかな花達をUPして行きたいと思います♪
[PR]

by kfds | 2009-05-25 17:56 | おでかけ | Comments(8)
2009年 05月 20日

ヨーロッパ旅行 ☆Switzerland-Italy ☆

パリからTGVで素晴らしい車窓を堪能しながらローザンヌへ。
ローザンヌからはローカル線を使って目的地モントルーへ向かいました。
モントルーとはこんな所です♪ジャーン!
a0086053_1444017.jpg
チュンチュンチュン♪♪鳥の声しかしない爽やかな朝、3時間くらいかけて湖畔をお散歩しました。対岸はフランスのエヴィアンです。
a0086053_14544336.jpg
うっすら朝もやがかかっていたのが徐々にクリアーになってきて
a0086053_14442552.jpg
こんなクッキリとした青空に。このお城はモントルー唯一(?)の観光スポット、シオン城です。
11世紀に建て始められ増築に増築を重ねて現在の姿になりました。
a0086053_1543573.jpg
お散歩の途中に出会った良く知らない鳥さん。すごい大きかった〜。
a0086053_17221487.jpg
a0086053_189733.jpg
a0086053_14565510.jpg
朝も良いけど、夕陽が落ちる頃の湖ってきれいですよね。
19時頃に空がピンクになって来て、是非とも湖畔で日没の瞬間を見たい!と
デリでテイクアウトしたお惣菜を持って特等席のベンチに座ってお夕飯を頂いたんですけど
すっかり忘れてましたよ。
ここは日本じゃない!陽が傾き始めてから日没までがだ〜らだ〜らとやたらと長いのでした。。。
「ねえ、太陽が下に行かずに横行っちゃってない?」「さっさと落ちないかしら」とイラつくせっかち日本人の私。(←夕陽を眺める資格なしですね。特に予定もないのにね〜)
結局その後日没まで2時間近くかかり、寒さのあまり途中でホテルに戻ってしまいました。
a0086053_14575026.jpg
こちらはモントルーから出ている登山電車最後尾からの景色。
a0086053_14573126.jpg
かわいらしい山小屋の脇をどんどん進みます。
雄大な山の景色とともに、この様なスイスらしい住宅を沢山拝見出来たのもとても楽しかったです♪
それにしてもすごい急斜面ですよね。ここで転んだらどこまで転げ落ちちゃうんだろうか。。。
a0086053_14582077.jpg
途中駅で停車中に山の写真を撮ろうとした瞬間視界に入って来た男性。
なかなかいいじゃない♪実際は大リーグか何かのキャップをかぶったアメリカーンな観光客のおじちゃんだったんですけどね。
a0086053_1729792.jpg
これが頂上の景色です。思いっきり冬です!寒いです〜。
転落注意の看板の絵がこわ過ぎです〜。
a0086053_1854598.jpg
高所恐怖症の私はこの看板の絵だけで尻込みして端まで行けませんでした。
a0086053_1501296.jpg
モントルーの一駅お隣のヴヴェイ。モントルー同様湖畔にお花が咲き乱れていて本当に美しい町です。
a0086053_1513751.jpg
調度この日は朝市が開かれていて、かわいい手作りジャム、チーズ、お野菜,フルーツ等の出店が出ていました。
この季節は何と言ってもライラックが美しく、このリアカーに山積みにされた束が買いたくてしょうがない。。。でももう翌日にはイタリアへ出発ですのでここはちょっと我慢。
a0086053_1515893.jpg
ヴヴェイのオープンテラスのレストランでランチ。絶好のお天気の中、山を見ながらの食事なんて最高です!
が、メニューがフランス語のみ。。。(汗)
ウェイターさん達も英語がしゃべれなかったので想像力で頑張るしかありません。
結局パリでハマった白アスパラとグリーンアスパラの単語を見つけて頼んでみたタリアテッレ。とっても美味しくて、今回のスイス滞在で一番のお味でした☆
主人が頼んだのはこれまた大ヒット!なガンバス海老のレッドカレー。
久しぶりのお米、スパイスたっぷりのエスニックな香り♡ちょっとお裾分けを頂いて一気にパワーが湧いて来ました。

さて、スイスの素晴らしい景色と美しい花々にお別れを告げて今度はイタリアへ移動です。
最初はこれでパリに戻る予定でしたが、前々から一緒にヨーロッパを旅しようね〜!と言っていた友人夫妻がミラノに来ているので、ちょっと足をのばす事に。
これまた車窓からの眺めが凄い!と聞いていたのでワクワク!
毎度、電車での移動自体が観光として楽しめました。
a0086053_17255668.jpg
a0086053_1726820.jpg
a0086053_17262476.jpg
その夜ミラノで合流して4人で旅の報告をしながらワイワイディナー♪
翌日は計画していた通り車を借りて郊外の田舎町へドライブです。
a0086053_17265674.jpg
この日は雨という天気予報。さすがに覚悟していたのですが、またもやカーテンから漏れる爽やかな朝陽!うひゃ〜晴れてるじゃない♪
そんなお天気も手伝ってか?最初に立ち寄ったガソリンスタンドで既に異様な盛り上がり(笑)。皆で狂った様にゴミ箱の前でおどけた写真を撮り合ってました。
で、目的地はこんな絵に描いた様な田舎町です!
a0086053_199359.jpg

a0086053_17272161.jpg
a0086053_17373016.jpg
この町へはとある工場を目的にやって来たのですが、その後フラリと通りがかったジェラテリアで激ウマジェラートにありつけてもう大満足☆
ミラノ市内に戻ってからは予約してあった予想外にお洒落なリストランテへお出かけ。私達のテーブルを担当してくれたかっこいいおじさまはあまり英語がお得意ではなかったので、何故かお料理をサーブする毎にACミランの選手の名前をひたすら羅列してましたっけ。
念願だった絶品パスタ等を頂いて、思い残す事なく眠りにつきました。
a0086053_17285642.jpg
パリへ戻ります。さすがに陸路では遠いので、ここは飛行機に頼ります。
このミラノーパリ間のエアーチケット、32ユーロなり!
あと1日早く購入していたらもっと安かったのですが、機体は新しいし、お掃除もしっかり出来てるし、文句なしのフライトでした。
飲み物等はこうしたパンフレットから選んで購入します。
私は何もオーダ−せずに1時間10分間ひたすら窓の外の景色に見入っておりました。

フ〜、今回は長い日記でした。。。。。
途中で投げ出しそうになりましたが、自分自身の記録としても残しておこうと踏ん張りました。
あとはパリです。
[PR]

by kfds | 2009-05-20 18:29 | おでかけ | Comments(22)
2009年 05月 17日

ヨーロッパ旅行 ☆パリ part1☆

ロンドンからユーロスターで2時間ちょっと走るとパリです。
a0086053_1618918.jpg
今回の旅は列車に乗るのも目的の一つ。
のんびりと車窓からの田園風景を楽しみながら♪(ユーロスターはドーバー海峡を潜って通過するから暫くの間真っ暗なんですけどね)
a0086053_1618286.jpg
パリ在住の友人宅へお招き頂いていたので、日本からのお土産とロンドンのお花を手にお邪魔して来ました♪
パリらしく、食事の前にはアペリティフ。
一緒に招かれたフランス人デザイナーさんとおしゃべりしながらまったりと。
a0086053_16185445.jpg
フランスらしいお料理を作るね!と伺っていたのでワクワク!キッチンからとてつもなく良い香りがプンプン♡
この季節のフランスと言えば「ホワイトアスパラガス」ですね!!
ジューシーで甘くて本当においし〜!!
これですっかり勢いがついてしまい、その先の旅でどこへ行ってもやたらとホワイトアスパラに手を出しまくってしまいました。(それは帰国後の現在も続いております)
a0086053_1154239.jpg
メインは何でしょう?!
初めて見るお料理でした。ナヴァランという子羊の煮込み料理です。
ナヴァランに最適だと言う子羊の首肉(ちょっと想像するとかわいそうなんですけどね)を前もってお肉屋さんに頼んで用意してくれていました☆
トロケルお肉と沢山のお野菜がとっても美味しくて、みんな「おかわり〜!!」。
デザートを頂いて楽しくお話ししている内に日付が変わっていましたっけ。
a0086053_16193132.jpg
翌日の早朝のパリです。昨晩から夜通しで遊んでいた訳ではなく、この朝からまた旅を続けるのでした。
ホテルに荷物を残して、バック一つでまたまた列車の旅にお出かけです。
a0086053_16194527.jpg
パリリヨン駅。ここからTGVに乗ってスイスのローザンヌへ出発です!じゃ、パリさん、また数日後にお会いしましょう!
a0086053_16392632.jpg
どんな「世界の車窓」が待ってるのかな〜。
a0086053_16394057.jpg
a0086053_16395718.jpg

a0086053_1934539.jpg
a0086053_16503829.jpg
a0086053_19343170.jpg
絵じゃないのです。黄色い畑は菜の花畑。
ヨーロッパの人々が春の色と言えば「黄色」を思い浮かべるのはミモザだけじゃなく、
この菜の花の黄色も含まれているのかな〜?
[PR]

by kfds | 2009-05-17 22:03 | おでかけ | Comments(14)
2009年 05月 15日

ヨーロッパ旅行 ☆ロンドン part2☆

イギリスのレストランは美味しくない、と良く聞きますが
学生時代をロンドンで過ごした主人曰く安くて美味しいお店はちゃんとあるよ!見つけにくいだけ!

が、しかし。。。

お気に入りのレストランも、行きつけだったという美味しいサンドイッチ屋さんもなくなっていました。。。(涙)
もう10年以上前の情報だからしょうがないですね。
残念だけど東京同様ロンドンでも確実に時は流れているのでありました。
(オーダーする内容まで決めていた主人は少々がっくり来てた様子でした)
さて、美味しい物を取り逃がしたまま終わる私ではございません!
コンランが手がけたブティックホテルの一階にオープンしたCAFE ALBIONへランチに出かけて来ました。
けっこうな席数があるのに満席。人気の少ない町でこのカフェだけが大賑わいです。
店内は光が溢れて明るく、インテリアはナチュラルで漂う空気が優しくて居心地が良い空間です。
器がやたらと自宅の食器とかぶっておうちごはんの様でした(笑)。
お料理と一緒に出されたパンの美味しさにびっくり!帰りにショップで美味しそうな焼き菓子やスムージーも買ってみました。
a0086053_1920317.jpg
レモンのパウンドケーキがしっとりとして、しっかり酸っぱくて絶品でした!
ロンドンが旅の出発点でなければここで沢山お土産買いたかったな〜。
結局滞在中にお腹に入れて消えてしまう物しか買いませんでした。
a0086053_19205170.jpg
スムージーは予想通りフルーツが濃くてブレンドの組み合わせもばっちり♪お風呂上がりにクイ〜っといっちゃいました。
a0086053_19211015.jpg
こちらはマークス&スペンサーのブレンドジュース。
イギリスのジュースはなかなか凝ってて美味しいですね!もちろんスクイーズドです。
a0086053_1923253.jpg
パブにもしっかり足を運んで来ました。
a0086053_19234575.jpg
パブメシ。観光客の私はとりあえずフィッシュ&チップス!それにしても大き過ぎやしませんか?靴みたい。
味は、、、ふ、普通です(汗)。

さて、ホテルがハイドパークに面してたので、いいお天気なんだしやっぱり目の前の公園には行っておかないと!
a0086053_19242655.jpg
a0086053_19245258.jpg
a0086053_19253397.jpg
鳥が水に入る前に結構悩む事を知りました。

ロンドンに来たからにはモダンデザインを覗いてみたい!で、museumをはしご。
a0086053_1925336.jpg
a0086053_1925188.jpg
この写真に写っている人。。。脱皮中?
一瞬怖い物を見た気がして恐る恐る拡大して確認しちゃいました。
a0086053_19255340.jpg
きちんとしたアフタヌーンティーも味わいたいな、と色々チョイスをあげてみたのですが、今回はThe Lanesboroughに決定。
当時学生だった主人にはとても出入りの出来る様なホテルではなく、
外から眺めるだけしか出来なかった憧れの邸宅風ホテルです。
マドンナ等世界のセレブが愛用している知る人ぞ知るホテルだそうです。UK Tea Council 2008: Best Afternoon Tea in Londonを受賞という事で期待が高まります。
写真はここまでですが、この後も期待を裏切る事なく、スマートなサービスと優雅な空間と音楽にうっとりしました。
サンドイッチやタルト等のおかわりまで聞いて下さいましたが、1段目2段目の美しいケーキやお菓子が待っているので我慢我慢。チョイスしたローズペタルの入った紅茶とスコーンがとても美味しかったです。
大満足!
このお茶を選んだ時、ボーイさんがExcellent choice!と。(ちょっと鼻高々に首を振りながら)
その後、お茶が美味しくて気に入った、と伝えたらThat's your choice!とニンマリしていました。(笑)

そしてそして、楽しみにしていたフラワースクールの単発レッスン!
McQとどちらにしようか考えたのですが、一度ロンドン本校のレッスンを受けてみたかったので今回はJane Packerにしました。
お花屋さんの奥に教室があるという事もあってか、東京校とは随分雰囲気が違っていて全く別のスクールの様でした。
a0086053_18192497.jpg
レッスンはまずは英語で自己紹介,と言う難関からスタートでしたがクラスメイトの皆さんがとても明るくて感じ良く接してくれたので終始リラックスしてレッスンを受ける事が出来ました。
a0086053_18195165.jpg
担当の先生は優しくてキュート。しっかり理由を添えながら作業の説明をしてくれました。
ショップでは調度Janeに雑誌の取材が来ていて、すぐ横でご本人が作品の紹介等されていました。
撮影後にはこちらのレッスンにも顔を出してお話しして下さり、ちゃっかりサインももらっちゃいました♪
健康状態を心配していましたが、とても元気そうな笑顔にホッ。
a0086053_1820923.jpg
制作したのはこの3作品。まさか花器までお持ち帰りとは思っていなかったので、ビックリです。今回新しいスタイルを習得した訳ではなかったのですが、解説の仕方、手直しのアドバイスの仕方、プロとして学ぶ事はいっぱいありました。
タクシーでホテルに運び込んだものの、これらを持って旅を続けるのは困難だったので
大きな作品や重い花器はホテルに差し上げ、小さいものはパリの友人へギフトとしてお持ちしました。
a0086053_19261484.jpg
ロンドンとはこれでお別れ。気が付けばピカデリーサーカスも、ハロッズも行っていない。
でもこの5日間はかなり充実した日々で後悔はなし!今度バラが美しい季節にイギリスに来る事を願ってユーロスターに乗り込みました。

パリへ出発進行!!
[PR]

by kfds | 2009-05-15 18:57 | おでかけ | Comments(8)
2009年 05月 13日

ヨーロッパ旅行 ☆ロンドン part1☆

4/27から約2週間、ヨーロッパを鉄道で巡る旅に出ました。
もちろん日本との行き帰りは飛行機ですよ。最初に訪れた場所はロンドン。
a0086053_931055.jpg
ロンドンと言えばロンドンタクシー。ベテランのおじいちゃんドライバーさんが話しかけてくれたんですけど。。。
ビックリする程聞き取れなくてその様子に主人が得意気に「分かんないでしょ〜」と。
どうやら強い訛りのある英語だったそうなんですけど、私には英語ではない言語に聞こえました。
a0086053_11121844.jpg
ロンドンと言えば霧。。。雨。。。
強烈な晴れ女の私も早速ロンドンの洗礼を浴びました。
といっても降水量は東京の半分にも満たないのですよね。降っても小雨だし、すぐ止むし。
そして長いヨーロッパ旅行中、雨はこの時のみ。後はずっと晴れ!!
a0086053_118191.jpg
翌朝、カーテンの隙間から漏れる光で目覚め、すぐ近くの公園へお散歩に♪
a0086053_932964.jpg
10年程前に旅行した際にも朝食はPRET A MANGERのパンオレザンとカフェラッテでした。一時日本にも進出したんでしたよね、すぐに撤退しちゃったけど。浜松町のお店を見に行った覚えがあります。
今回の旅は久しぶりにお花が溢れる春のヨーロッパ旅行でしたので、ロンドンの町中の公園、空き地、アパートのコンテナーガーデンの美しさには毎度感動していました。
a0086053_12283636.jpg
a0086053_12285750.jpg
a0086053_12292095.jpg
a0086053_12438100.jpg
a0086053_12295052.jpg
ばっちりカメラ目線だね、君。。。

さて、公園のお花達に癒してもらった後は、ロンドンのモダンスタイルのお花屋さんをチェックです。
ちょっと中心から離れていてあまりいい雰囲気の場所ではない様に感じたのですが、
そんな一角にキリッとしたアトリエの様なお花屋さん、McQueens本店があります。
a0086053_9332081.jpg

スタッフさんに写真撮影の許可を得て何枚か作業場の風景をカメラにおさめさせて頂きました。
はっきり言って店内は美しいとは言えず(ブログにはアップしない事とします(笑))、ここから数々の素晴らしい作品が生み出されているとは想像しがたかったのですが、無造作に並べられているバケツには顧客からの注文花がどっさり!
これをこの数人のフタッフで水揚げから制作までするのかしら。。。大変だろうな。
さて早速、白い芍薬あとはお任せでプチブーケをオーダーしてみましたが、驚いた事に私にとっては基本中の基本の下葉処理は全然行わず。(葉っぱごとお水に浸かる状態です)
出来上がったブーケのそのものには特別感はなかったのですが、ラッピングをしている様子を見ていたらそこには大きなヒントが!
ダイナミックで芸術的だし、このアイディアはきっとゴミの分別が苦手な人にも受け入れられるわ〜♪
今度ブーケレッスンをする時には一度皆さんにもトライして頂こうかしら。
やっぱり本や写真で眺めるだけじゃなくて、実際の現場を見るのって勉強になりますね。
a0086053_9334343.jpg
こちらが出来上がったブーケですが、もの凄くシンプルです。
もっと斬新な組み合わせとかするのかな?と想像してみたけどこのシンプル感、好き!好き!
a0086053_10542158.jpg
お部屋に戻ってちょっと小さいけど買ったばかりのタンブラーに飾ってみました。
芍薬の香りがふわ〜っとお部屋に漂って、顔を近づけるとしっとりとした花弁からエネルギーがどんどんこちらに届くのを感じました。

ロンドン4泊、濃い〜滞在でした。この次は私が参加したフラワーレッスンの事など色々登場します。
[PR]

by kfds | 2009-05-13 14:00 | おでかけ | Comments(14)
2009年 04月 09日

桜茶会

先週末、ブーケをお引き渡ししたのちに昨年に引き続きお招きに預かりました桜子ちゃん主催の桜の会へ出かけて参りました。
散り行く桜を惜しみながらのお茶会、という予想に反して満開の桜に囲まれた絶妙なタイミングでのお茶会となりました。
まずは会場へ向かう途中、桜の名所「桜坂」でうっとり。
蛇行する石畳の坂道に薄ピンクの屋根がかかりました。(って石畳が写ってないですけど(汗))
a0086053_16442985.jpg
a0086053_16432140.jpg
こちらは桜子ちゃんお手製の散らし寿司。一つ一つ丁寧に下ごしらえして美しく盛りつけられていました。
そして、今回のメインイベント(?)は外国の方や小さな男の子も参加しての茶会。
日本の季節感溢れる美しいセレモニーを楽しく体験されていた様です。
私もちゃっかりと桜子ちゃんが点ててくれたお抹茶と美味しいお菓子も頂いて
どっぷり日本の春を満喫させて頂きました。

楽しい時間をありがとうございました☆
[PR]

by kfds | 2009-04-09 00:25 | おでかけ | Comments(2)
2009年 01月 15日

太陽とか月とか富士山とか

最近空が美し過ぎです。
毎日夕暮れ時に西の窓に釘付け。外出中も空ばっかり見てます。
同じ空って絶対にないんですよね。。。

お休みの日にこんな風景も見られました。
小田原辺りを車で走っていたら真っ暗な夜なのに月に照らされて富士山がヌボ〜っと大きな姿を現しました。
それはそれは神秘的と言うか、ちょっと怖いくらいの迫力。
三脚も無いし車で走ってたので目に焼き付けて、目的地についてからパチり。
ちょっと遠くなってしまったけどやっぱり夜空に白く浮き上がる富士山は幻想的でした。
a0086053_20132737.jpg
a0086053_2013385.jpg
太陽が姿を消したらお月様の出番。海がピカピカ光ってました。
a0086053_20134996.jpg
早く目覚めたのでパジャマにダウンジャケットを羽織ってベランダから朝陽を眺めていました。
は〜、こんなに空に魅せられちゃうなんてお歳を重ねた証拠ね!でもそれも良しだわ!
[PR]

by kfds | 2009-01-15 21:58 | おでかけ | Comments(12)