KOJIMA FLOWER DESIGN STUDIO

kfds.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 14日

ボックスアレンジメント

a0086053_10574213.jpg

昨年Sクラスで行った生花のボックスアレンジメントをプリザーブドフラワーで、とのご依頼を頂きました。
退職のお祝いのお花です。
このスタイル、生花で作るとズッシリ重くなるのですが、プリだと嘘みたいに軽い!
お祝いの花が会社にいっぱい届く日だから意外と親切なのかも。
a0086053_10572499.jpg

[PR]

by kfds | 2009-03-14 11:08 | flower | Comments(10)
Commented by そら at 2009-03-15 10:17 x
幻想的な色合い・・たまりません~。先生のカラーセレクトには
いつも感嘆です・・。こんな素敵なプレゼントだったら喜ばれる
でしょうね~。
Commented by michiyo_o at 2009-03-15 11:19
生花のプレゼントはやはり嬉しいものですが、
一度にたくさんのお花が届くとわかっている場合は
ブリザーブドフラワーは喜ばれるに違いありませんね♪
送り主の配慮のようなものが感じられます^^
Commented by Ayako at 2009-03-15 18:14 x
おかげさまでとっても喜んでもらえました!
このボックスは、オペセン中の注目の的だったらしいですよん!!
一緒にあげた先輩方も、先生のセンスに惚れ惚れしてました♪
Commented by ypsilon930 at 2009-03-16 09:01
ajaxちゃんのこのカラーセレクトはみんなノックアウトね~♪
ブルーをオシャレに使えるかがセンスの見せ所のように感じるわ。
とっても喜んでもらえたのではないかしら?
隠れブルー好きとしては心がくすぐられますわ(笑)

ところで・・・スキンの右上にエキサイト”リンク”マークがついたね♪
どうやるのかお時間あるときに教えてちょ~!
”散歩道”がリンクできないと苦情(?)が出ていて・・・私にはわかりませんよ(笑)
Commented by kfds at 2009-03-16 10:25
そらさん
ありがとうございます。以前生花でレッスンした時はアジサイやリンドウの青をメインに使いました。プリは季節に関係なくお花の色や種類を選べるので再現しやすかったです。
受け取られた方がとても喜んで下さったそうなので良かったです〜☆
Commented by kfds at 2009-03-16 10:28
michiyoさん
確かに私は生花が大好きなんですけど、この退職の時のお花に関しては受け取られた方からのプリの評判はなかなか良い物があります♪
その方の好み、環境、当日の状況を考えてオーダ−を下さった方の思いやりを感じました。
Commented by kfds at 2009-03-16 10:34
Ayaちゃん
ご依頼ありがとうございました!お花って受け取られる方だけじゃなく、思いを込めた送り主さんにも幸せが届く素敵な贈り物ですよね!
退職されたクールビューティーさんと、Ayaちゃんを始め送り主の皆様に喜んで頂けて私もとってもハッピーです〜。
このシーズンは退職の方がいっぱいね!私の同期も今月2名、お世話になった大先輩も退職です。
Commented by kfds at 2009-03-16 10:38
Yちゃん
隠れブルー好きなのよね!ブラウンのイメージが強いけどブルーもお似合いよ〜。
私は結構寒色系の色が好みなので、気が付けばそんなお花が多い様な。。。っていうかほとんど青みがかってるよね(笑)。

リンクの表示は「更新PING送信 / 検索公開設定」を「する」に変えたら出たみたい。最初からそういう設定になってたらいいのにね、私なんて2年以上「しない」で通してたわよ(苦笑)。(←もっと早く調べましょー!)
Commented by みっちぇる at 2009-03-17 04:02 x
先日はお疲れ様でした!突然のぶっちゃけ話失礼しました~先生に会えて嬉しかったです♪
このプリも本当なんとも言えないモダンな色合いにうっとり。
パリのイメージのお花も私もこんなイメージですよ~!!
素敵です!!こんなお花もらったらウキウキしますよ~!
Commented by kfds at 2009-03-18 23:13
みっちぇるちゃん
お疲れ様でした〜。
とっても素敵な花嫁姿だったよね〜♡
ぶっちゃけ話にはびっくりしちゃったけど、いつも以上にお美しいみっちぇるちゃんにもドッキリしちゃった。いいな〜スベスベお肌〜。
パリのイメージを共有出来て嬉しいな。そろそろ現地で確認したい気分♪


<< 殿堂入りの薔薇      思い込みのParis >>