KOJIMA FLOWER DESIGN STUDIO

kfds.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 09日

建築&アート駆け回り日記1

旅行ネタが続いています。すみません。。。
帰国してからは初詣くらいしかしておらず、ただぼけ〜っとすごしているので
これと言ったネタが出現していません。
今週末からはいつも通りのフラワーな日々が復活しますので、
今日のお題と次回のグルメ日記くらいで一旦〆ようかと思っています。

では、バルセロナと言えばガウディの建築ってことでドカ〜ンと行ってみます。
a0086053_17343346.jpg
a0086053_17344585.jpg
a0086053_1872467.jpg
a0086053_17345610.jpg
こちらは2時間近くかけて回ったグエル公園。
奇抜さを感じるどころか、この地の自然に溶け込む完璧な設計と細部にわたる手抜かりの無い仕事ぶりにため息の連続でした。「こんな隅っこの方まで面倒な細工しなくたっていいのに」と思ってしまうところが次々と現れます。
分譲住宅地として着工したものの、資金難で断念。現在は公園として公開されています。
観光客にはちょっとラッキーかな?



a0086053_1894045.jpg
こちらはガウディの初めての建築、CASA VICENS。狭い通りに面して建っているので、引きで撮れずにかなり見上げちゃってます。他の作品と違ってカクカクしています。


a0086053_1815888.jpg
a0086053_18252529.jpg
a0086053_18491128.jpg
年末の日記に写真を一枚のせた、海のイメージの都市型住宅、CASA BATLLO
モザイクタイルにステンドグラス、彫り込まれたガラスや木、巧みなアイアンワーク、
どれを取っても底知れぬ才能が伝わって来る傑作!
風変わりで奇をてらった作品なんじゃないか?と浅はかな印象を抱いていた私の考えを完全にひっくり返した一番のお気に入りです。


a0086053_19202745.jpg
a0086053_19204443.jpg
CASA MILA。
ウネウネと曲線で出来ているこの建物、直線を用いずに作られています。


a0086053_1854078.jpg
a0086053_18541798.jpg
バルセロナのシンボル、サグラダファミリア聖堂。上の写真はガウディが完成させた4本の鐘楼。
あまりの迫力に圧倒され、恐怖心さえ抱く様な石の彫刻。80年ほど前にガウディが73歳で交通事故のため亡くなって、現在は構想案を元に建設続行中。
2026年完成って書いてあったけどど〜だろうね。18棟の内出来上がっているのは8棟です。。。完成したら、街の、いや国の、いや世界の騒ぎっぷりが目に浮かびます!
[PR]

by kfds | 2007-01-09 19:38 | おでかけ | Comments(4)
Commented by mio at 2007-01-13 22:21 x
うわあ~!
ガウディファンの私としては、本当にいつかバルセロナに行ってみたいです。
サグラダファミリア。。。外尾悦郎さんいらっしゃいましたか~?(字が違っていたらすみません・・・)
Commented by meg at 2007-01-14 01:28 x
いいなぁ。久々のサグラダだぁ。
写真、いっぱいUPしてくれて、ありがと!
Commented by kfds at 2007-01-14 11:27
mioさん、ガウディファンなのですね。
多分実物の作品を見たらメチャクチャ感激すると思います。
どちらかと言うとあまりタイプじゃないな〜と思っていたわたしでも
現物の前では言葉を失うほどの感動をしてしまいましたから!
主任彫刻家の外尾悦郎さんはお見かけしませんでしたが、エレベーター待ちの間に天井部分の建築作業が少し見られて面白かったです。
Commented by kfds at 2007-01-14 11:30
megさん、昨日はレッスンにご参加ありがとー。
サグラダ懐かしいでしょ?ちょっとだけバルセロナに戻った気分になったかしら?


<< 建築&アート駆け回り日記2      パリの花屋 >>