KOJIMA FLOWER DESIGN STUDIO

kfds.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 06日

パリの花屋

久しぶりの更新になってしまいました。
パリからレポートをお送りする予定でしたがホテルに着いたらバタンキューの日々で
気がつけば日本に帰って来ちゃいました。

今日はパリのお花屋さんについて。
マレ地区やサンジェルマン近くの小さなお花屋さんにフラリと寄ってみました。
どこのお店もショウウィンドーのディスプレーへの気合いの入れ方がすごい!
お花と花瓶や小物類を立体的に迫力満点に飾って、街行く人の足を止めている。
もちろんお店の中もお花は置いてあるのではなく、見せている、という感じです。
キーパー(ガラスの冷蔵庫みたいなやつ)が見えてるお店はなかったです。
日本の夏みたいな時期があまりないから持っていないのかな?


a0086053_13131465.jpg
a0086053_13133170.jpg
a0086053_13102552.jpg
a0086053_13143964.jpg
a0086053_1315696.jpg


お花の色に関しては全体的に紫、赤系が多い様に思われました。
ポップな黄色やオレンジがあまり無かったような。
a0086053_13192911.jpg
a0086053_13194748.jpg

a0086053_1319736.jpg
キュートなイメージのラナンキュラスも、スタイリッシュなレストランではちょっと大人っぽい感じで。
a0086053_13241226.jpg
a0086053_13242655.jpg
マドレーヌ広場の花市場。わりと値段が高いな〜。
ユーロ高で日本円で換算すると全然お得な感じがしないけど現地の人には安いのかな?
大輪だとバラ一本4ユーロ近い。(円換算すると640円くらい。現地の人には440円くらいの感覚だそう)

お花屋さんに限らず、お菓子屋さん、文房具やさん、一流ブランド店、デパートも、、、
ウィンドーを持っているお店はみんな総じて言えることはディスプレーがかわいいっ!
物の見せ方は街中見習う所がいっぱいでした。
[PR]

by kfds | 2007-01-06 13:48 | flower | Comments(6)
Commented by MIYABI at 2007-01-06 16:01 x
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくです^^
パリの花屋さんスタイリッシュで素敵です。
オランダともまた違った雰囲気ですね。
キーパーは出来れば入れたくない(笑)
イタリアのフラワーデザイナーに聞いたら
ギフトの花って花もち悪くても良いんだって!
渡したときの驚きと喜びが最高のプレゼントなんだそうですネ^^
つまり花をプレゼントするのではなく気持ちをプレゼント。。。
う~ん粋^^
Commented at 2007-01-06 22:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kfds at 2007-01-06 23:20
MIYABIさん、あけましておめでとうございます!
こちらこそよろしくお願いします。新居整ったらすっ飛んで行きますよ〜!
イタリアのデザイナーさんの考え方ってホントに粋ですわー。
ホテルのお花屋さんで働いていた時に
毎日たくさんの西洋系の外国人のお客さんがいらしてましたが
花のもちをたずねられたことは一度も無いし、つぼみと開いているのとのチョイスでは、ほぼみんな立派に開いたものを選んでいました。
レッスンや自分用ならつぼみから満開までを楽しむ為にも持ちのいい物を選ぶけど、贈り物はやはりその一瞬にベストな開き具合のものが喜ばれるのでしょうね。

日本の夏はキーパー無しではやっていけないですよね。
キーパーの無いうちのレッスンでも夏場は真っ暗な部屋にクーラーがんがん、大量の氷とアイスノンで管理がめっちゃ大変です。。。
Commented by kfds at 2007-01-06 23:30
ただいま〜。バルセロナの前情報色々ありがとうございました。
ホテルの朝ごはん最高においしかった〜♪毎日ハモンイベリコ食べてましたよ。例のタパスのお店も初日に行きました!

なんとめずらしく時差ぼけしていません!(仕事で海外行ってた時はこれが最大の悩みだったのに。。。)
いつでも日本時間で出かけられますのでご飯行きましょー。
Commented by mio at 2007-01-07 19:21 x
おかえりなさいまし★
パリのお花屋さん素敵ですね♪
通りがかるだけでよく見たことなかったのですが土地によって色々違うのですね・・・
花束、私はどうしても、少しでも持ちがいいように!って思ってしまうのですが(貰ったときも出来るだけ長く楽しみたいと思うのですが~)
貰った瞬間の喜びを大切にするのですね

今年もよろしくお願いいたします!!
Commented by kfds at 2007-01-07 23:21
お花が生活の中に普通に存在しているヨーロッパと、
ちょっと特別な喜びを感じる日本とでは
もしかしたら考え方が違うのかも知れませんね。
海外に行くチャンスの多いmioさん、お花屋さんを見かけたらちょっと覗いてみて下さいませ。私は現役時代には全然お花屋さんを見ずにいたことが悔やまれてなりません。。。アムス、ロンドン、フランク、ミラノ、ニューヨーク、シドニーなど、きっとかっこいいお花屋さんがあるんだろーなー。
では今年もレッスンでお会い出来るのを楽しみにしていま〜す。


<< 建築&アート駆け回り日記1      明けましておめでとうございます >>